この記事は以下の方に向けて書きました。

  • 競馬情報会社(競馬予想詐欺)に騙された方
  • 騙されたお金を取り戻したい方
  • 競馬情報会社に騙されていないかを確認したい方 など

私のもとには、競馬情報会社に騙された方からのご相談を数多くいただきます。特に多いのは「お金を取り戻したい」「自分が騙されていないかを確認したい」というものです。

結論として、騙されたお金は取り戻せる可能性があり、多くの競馬情報会社は詐欺である可能性が高いと言えるでしょう。

そこで本記事では下記について詳しくご紹介します。

司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

もしも、競馬情報会社に騙されたと思ったら、一日でも早く専門家(競馬情報会社からの返金対応を専門にしている司法書士や弁護士)に相談することが大切です。

お金を取り戻せる可能性はあるものの「自力対応では難しい」ことに加え、返金対応が遅くなるほど「返金成功の可能性」と「返金額」が下がってしまうからです。

悪質な競馬情報会社にお悩みの方へ

無料相談してみませんか?

もしも、「お金を取り戻したい」「自分が騙されていないかを確認したい」という方は「無料相談」をご活用ください。

当事務所「司法書士ライトストーン法務事務所」は、競馬情報会社や副業詐欺の解決を専門にして、代表の私は解決実績が1,000件以上あります。

また自力での解決に自信が持てない場合は、「着手金・初期費用は無料」「返金されなかった場合の費用負担は0円」で返金交渉を代理できますのでご安心ください。

● 無料相談はこちらから → 悪質な競馬情報会社にお悩みの方向け「無料相談」について

目次
  1. 競馬情報会社(競馬予想詐欺)に騙されたお金は「返金される可能性」がある
    1. 残念ながら自力での返金成功は難しい
  2. 悪質な競馬情報会社の実態は「巧妙な手口でお金を騙し取る」競馬予想詐欺
    1. 多くの競馬情報会社は「悪質な詐欺」である可能性が高い
    2. 「JRA公認」「JRA関連団体」と謳っていたら悪質な嘘
    3. 悪質な競馬情報会社の恐さは「被害額が大きくなりやすい」こと
    4. 巧妙な手口により、詐欺とは言い切れないのが「悪質な競馬予想詐欺」
  3. 悪質な競馬情報会社(競馬予想詐欺)が使う騙しの手口
    1. 手口1.SNSを使った「競馬予想サイト」への誘導
    2. 手口2.副業サイトを使った「競馬予想サイト」への誘導
    3. 手口3.マッチングアプリを使った「競馬投資ソフト」の販売
  4. 悪質な競馬情報会社(競馬予想詐欺)の騙し方「7つの特徴」
    1. 特徴1.高額配当や高的中率を謳う
    2. 特徴2.初心者でも稼げると言いきる
    3. 特徴3.過剰な頻度で勧誘メールがくる
    4. 特徴4.無料を謳って登録させ、頻繁に有料プランを勧める
    5. 特徴5.ころがしを推奨している
    6. 特徴6.全額返金保証を謳っている
    7. 特徴7.会社概要を記載していない
    8. 補足:その他の特徴
  5. 競馬情報会社(競馬予想詐欺)に騙された時の相談先3つ
    1. 司法書士・弁護士
    2. 消費生活センター
    3. 警察
  6. 悪質な競馬情報会社からの返金対応に強い「司法書士」や「弁護士」を選ぶ7つのポイント
    1. 補足1.競馬情報会社からの返金対応を専門にしている事務所を探す
    2. 補足2.「無料相談できる専門家(事務所)」を探す
    3. 補足3.「着手金や初期費用が無料の事務所」を探す
  7. 競馬情報会社(競馬予想詐欺)に騙された後の「返金事例」3選
    1. 返金事例:20代・男性「被害・請求額60万円 ▶ 回収額45万円(約75%回収)」
    2. 返金事例:20代・女性「被害・請求額59万円 ▶ 回収額36万円(約61%回収)」
    3. 返金事例:30代・男性「被害・請求額110万円 ▶ 回収額40万円(約36%回収)」
  8. 悪質な競馬情報会社にお悩みの方向け「無料相談」について
    1. LINEでのご相談はこちらから
    2. メールでのご相談はこちらから
    3. 電話でのご相談はこちらから
  9. 競馬情報会社(競馬予想詐欺)に関する「よくあるご質問」
    1. Q.嘘のない「本当の競馬情報会社(競馬予想サイト)」はありますか?
    2. Q.競馬情報会社に騙されたらどうしたらいいですか?

競馬情報会社(競馬予想詐欺)に騙されたお金は「返金される可能性」がある

競馬情報会社(競馬予想詐欺)に騙されたお金は「返金される可能性」がある
競馬情報会社に騙されたお金は「返金される可能性」がある

まず競馬情報会社に騙された方にお伝えしたいのはお金は返金される可能性がある」ということです。

もちろん、Webサイトやメールに「結果の保証をするものではない」と記載するなど、巧妙な手口により「騙している決定的な証拠」がありません。そのため詐欺であることの立証は難しく、返金成功の難易度は高く、被害者本人が直接交渉では、お金を取り戻せる可能性は低いと言えるでしょう。

しかし、私たちのような「悪質な競馬情報会社からの返金対応」を専門としている「司法書士」や「弁護士」にお任せいただくことで、サイト運営者の態度が変わり、お金を取り戻せる可能性が高まります。

司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

当事務所「司法書士ライトストーン法務事務所」は、悪質な競馬情報会社からの返金対応を含め、詐欺解決を専門にしています。代表の私は解決実績も1,000件以上ありますので、お力になれるはずです。

もしも、「お金を取り戻したい」「騙されていないかを確認したい」という方は、お気軽にご相談ください。

● 無料相談はこちらから → 悪質な競馬情報会社にお悩みの方向け「無料相談」について

残念ながら自力での返金成功は難しい

競馬情報会社による競馬予想詐欺は、残念ながら自力での返金成功は難しいと言えるでしょう。

詐欺である証拠がないため、下記のようなアクションを起こしても解決に向かいにくいのです。

対応先アクションと相手の反応
消費生活センター相談をしても詐欺を立証できないため動きにくい
警察被害届を出して、相談をしても民事不介入で動けない
クレジットカード会社チャージバック(クレジット支払いの取り消し)を申請をしても、詐欺を立証できないので承認されない
競馬情報会社和解交渉(返金交渉)をしても、相手は詐欺であることを認めないため話が進まない

しかし諦めることはありません。

詐欺である決定的な証拠がない状態でも、私たちのような「競馬情報会社」からの返金対応を専門とする「司法書士」や「弁護士」を代理人に立てることで、競馬情報会社やクレジットカード会社の態度が変わり、お金が戻ってくる可能性があるからです。

司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

競馬情報会社からの返金は、証拠がない中での「和解交渉(返金交渉)」が必要なため、難易度の高いやりとりをすることになります。そのため専門家(司法書士や弁護士)の力が必要だと言えるでしょう。

専門家の選び方に関して詳しくは、こちらにまとめていますのでご覧ください。

競馬情報会社からの返金対応に強い「司法書士」や「弁護士」を選ぶ7つのポイント

悪質な競馬情報会社の実態は「巧妙な手口でお金を騙し取る」競馬予想詐欺

悪質な競馬情報会社の実態は「巧妙な手口でお金を騙し取る」競馬予想詐欺
悪質な競馬情報会社は「巧妙な手口でお金を騙し取る」競馬予想詐欺

競馬情報会社の実態は「巧妙な手口でお金を騙し取る」競馬予想詐欺だと言えます。

主に副業を探している方/お金儲けをしたい方を主なターゲットにしています。Webマーケティングにも力を入れ、言葉巧みに競馬予想サイトへ誘導し、興味を煽った上で「無料会員登録」や「LINEの友達追加」を促します。

登録後は毎日のようにメールやLINEが何度も届きます。

下記のような謳い文句で「簡単に高額な副収入を手にしたい」「短期間で稼ぎたい」「手軽に儲けたい」という気持ちを煽って、有料情報の購入を促すのです。

  • 競馬初心者でも稼げる/競馬の知識はなくても大丈夫
  • 安定した副収入・高額の収益源が手に入る
  • 今回のレース/次回のレースは「的中率◯◯%」です
  • なんと「払戻金は◯◯万円」でした
  • 不的中のお詫びと理由づけした上で「◯◯様には特別な情報」をご提供いたします など

有料情報によるレース予想が不的中だった場合には、下記のようなメッセージを多数送り、「次回のレースこそは的中確実」と思わせるようにしています。

「前回のレースは惜しくも的中を逃してしまいました。◯◯様には的中をご提供できず不甲斐ない気持ちでいっぱいです。

しかし次回のレースは、過去の実績から言うとほぼ的中間違いないでしょう。是非とも◯◯万円獲得してください!!」

こうしたメッセージを受け取った側は「負けた分や情報量を取り戻したい...」という気持ちを刺激されます。

このように言葉巧みに人の心を動かし、正常な判断能力を奪った上で、お金を騙し取ります。

多くの競馬情報会社は「悪質な詐欺」である可能性が高い

多くの競馬情報会社は、悪質な詐欺である可能性が高いと言えるでしょう。

私のもとには毎月のように「競馬情報会社に騙された」「お金を取り戻したい」というご相談をいただきます。その上で代理人として返金対応をしていくと、下記のような実情が見えてくるからです。

  • 目立っている「競馬情報会社(競馬予想サイト)」から被害が生まれている
  • 被害を生んだ競馬予想サイトに共通した特徴は、その他の競馬予想サイトにも見受けられる
  • 複数の競馬予想サイトの運営者(大元)は同じ
  • 優良だとおすすめされている競馬予想サイトの多くが被害者を生んでいる
  • ほとんどの競馬予想サイトの手口が、悪質な競艇予想サイト/競輪予想サイトと同じ
司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

以上のことから、競馬情報会社の9割以上は悪質である可能性が高いと言えます。

なかには優良なサイトがあるとしても「本物はごく稀である」と考えてよいでしょう。

「JRA公認」「JRA関連団体」と謳っていたら悪質な嘘

悪質な競馬情報会社の中には、運営する競馬予想サイトやメール・LINEなどで、下記のように自分たちが信頼できる会社であることをアピールするケースがあります。

  • JRA公認であることを謳う(JRAのロゴを用いるケースもあり)
  • JRAの関連団体であることを謳う

上記のようなケースに対して、JRAは公式サイトで下記のように明言しています。

JRAのロゴマークは商標登録されており、許可なくこれを使用することは禁じられております。JRAの公認などJRAが関与しているかのような広告・宣伝・勧誘を行っている予想・情報提供業者にはくれぐれもご注意ください。

引用:JRA:悪質な予想・情報提供業者の被害ケース(事例1)

JRAやJRAの関係団体が競馬を予想し、直接電話やメールなどで勧誘をすることは一切ありません。また、不正なレースを行うことは競馬法で固く禁じられており、レースは厳しい監視のもとで行われています。

JRAの関係団体が関与しているように装った予想業者にはくれぐれもご注意ください。

引用:JRA:悪質な予想・情報提供業者の被害ケース(事例2)
司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

上記を踏まえると、JRA公認あるいは関連団体であると謳っている時点で、悪質な競馬情報会社であると判断しても良いでしょう。

悪質な競馬情報会社の恐さは「被害額が大きくなりやすい」こと

悪質な競馬情報会社の恐さは「被害額が大きくなりやすい」ことです。

主な理由はこちらです。

  • 有料情報が高額
  • レース毎に(頻繁に)情報を購入する
  • 賭け事の特性上、「今度こそ…」と引くに引けなくなる
  • レース毎に「馬券(賭け金)」も発生する
  • 年中、レースが開催されている
  • 負けが重なるほど、正常な判断をできなくなる

また、下記理由から被害額がさらに膨らむ方が少なくありません。

  • 複数の競馬情報会社(競馬予想サイト)を使ってしまう
  • 競馬予想サイトだけではなく「競艇予想サイト」「競輪予想サイト」も使っている
司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

以上のことから、あっという間に被害額が数十万〜100万になる方は少なくありません。なかには数百万の方もいらっしゃるほどです。

尚、「競艇予想サイト」や「競輪予想サイト」でも騙されている方は下記記事もご確認ください。

巧妙な手口により、詐欺とは言い切れないのが「悪質な競馬予想詐欺」

巧妙な手口により、必ずしも詐欺とは言い切れないのが「競馬情報会社による競馬予想詐欺」です。

言葉巧みに被害者の心を掴みながらも、下記のようにWebサイトやメールには「結果の保証をするものではない」と記載するなど、「詐欺を立証できる証拠」がありません。

  • 結果を保証するものではない
  • 競馬は自己責任です

こうすることで「有料情報の購入は自己責任ですよ」と、逃げ道をしっかりと作っているのです。こうした巧妙さにより、詐欺であることの立証が難しいというのが現実です。

司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

詐欺である証拠がないとは言え、泣き寝入りする必要はありません。何割かのお金を取り戻せる可能性があるからです。

当事務所「司法書士ライトストーン法務事務所」は、競馬情報会社からの返金を含め、詐欺解決を専門にしています。代表の私は、詐欺の解決実績が1,000件以上ありますので、安心してご相談ください。

● 無料相談はこちらから → 悪質な競馬情報会社にお悩みの方向け「無料相談」について

悪質な競馬情報会社(競馬予想詐欺)が使う騙しの手口

悪質な競馬情報会社(競馬予想詐欺)が使う騙しの手口
悪質な競馬情報会社が使う騙しの手口

悪質な競馬情報会社による「競馬予想詐欺の手口」は進化しています。

Web集客に力を入れ、競馬予想サイトへの無料登録を増やしているのです。なぜなら無料登録者の中から、一定の確率で有料情報を購入してもらえるからです。

ここでは主な手口をご紹介します。

手口1.SNSを使った「競馬予想サイト」への誘導

「副業で豊かな生活を送っている」という人のTwitterやInstagramのアカウントをつくって、フォローしてくれたり、投稿へアクションをしてくれた方に対して、相手からDMが来ます。

なかには、「どうやって稼いでいるんだろう?」と興味を持ち、詐欺アカウントに対して、自らDMを送ってしまうケースもあるほどです。

以上のような流れからコミュニケーションが始まり、複数の競馬予想サイトへの「無料会員登録」や「LINEの友達追加」を勧められるのです。

手口2.副業サイトを使った「競馬予想サイト」への誘導

インターネットで「副業」を検索して、とある副業紹介サイトにたどり着いた方に対して、下記のような謳い文句で興味を惹きつけ、複数の競馬予想サイトへの「無料会員登録」や「LINEの友達追加」を勧めます。

  • 競馬はギャンブルではなく投資である
  • 競馬初心者でも大丈夫/競馬の知識は不要で大事なのは情報
  • 安定した利益・副収入が手に入る など
司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

ほかにも「副業で豊かな生活を送っている」という人のブログも存在しています。

インターネットで検索してブログに辿り着いた方に対して、「競馬は稼げるし、初心者でもできる」という謳い文句で競馬予想サイトに誘導するのです。

手口3.マッチングアプリを使った「競馬投資ソフト」の販売

マッチングアプリで出会った異性に対して「会いましょう」と誘った上でデートをします。それらしい理由をつけて第3者と3人で会うように誘導して、マンションの一室で話をすることになります。

その後、断りにくい雰囲気の中、下記のように稼げることを理由に「高額の競馬投資ソフト」を勧めて購入させるというものです。

  • 競馬は企業のようにコロナの影響を受けないし、株の投資より安心できる
  • 競馬のデータを用いてAIで予想できるので、安心して儲けることができる
  • 競馬投資ソフトを使えば、波はあるけれど、必ず1ヶ月後には賭け金以上手に儲かる など
司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

厳密には、「競馬予想詐欺」ではなく、「競馬投資詐欺」と呼びますが、競馬情報会社に騙された方から相談を受けることがあるためご紹介しました。

詳しくは下記記事にまとめていますので、競馬投資ソフト詐欺にあってしまった方はご覧ください。

悪質な競馬情報会社(競馬予想詐欺)の騙し方「7つの特徴」

悪質な競馬情報会社(競馬予想詐欺)の騙し方「7つの特徴」
悪質な競馬情報会社(競馬予想詐欺)の騙し方「7つの特徴」

悪質な競馬情報会社が運営する「競馬予想サイト」の特徴を7つご紹介します。

もしも下記に心当たりがあれば「悪質な競馬情報会社が運営する競馬予想サイト」だと思って間違いないでしょう。

  1. 高額配当や高的中率を謳う
  2. 初心者でも稼げると言いきる
  3. 過剰な頻度で勧誘メールがくる
  4. 無料を謳って登録させ、頻繁に有料プランを勧める
  5. ころがしを推奨している
  6. JRAを全面に出して信頼をアピールしている
  7. 全額返金保証を謳っている
  8. 会社概要を記載していない

以下より詳しくお伝えしていきます。

特徴1.高額配当や高的中率を謳う

悪質な競馬情報会社が運営する競馬予想サイトは、驚くほど多く存在しています。各サイトの共通項は「過剰表現」です。稼げる(高額配当や高的中率)」ことを過剰に謳っていることだと言えるでしょう。

しかし、客観的に見ると以下のような矛盾が見て取れます。

  • 数々の競馬予想サイトが揃って「高額配当」「高的中率」ということはありえない
  • 本当に「高額配当」「高的中率」が続くならTVやメディアで取り上げらているはず
  • 安定して高額を稼げるなら「有効な投資手段」として一般的になっているはず
  • 頻繁に「高額配当での予想的中」を出すのはプロの予想屋でも難しい など

以上のように客観的に考えると、過剰な表現であり、怪しいことがわかります。

特徴2.初心者でも稼げると言いきる

初心者でも稼げると言いきる点も悪質な競馬予想サイトの共通点です。

なぜなら嘘か本当かの判断基準が少ない初心者は騙しやすいからです。言い方を変えると「数十万〜数百万の金額を騙し取るためには、知識や経験のない競馬初心者でないと難しい」という騙す側の事情があります。

以上のことは、数多くのご相談を伺い、競馬情報会社との和解交渉(返金交渉)をした経験からわかってきたことです。

司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

知識や経験のない初心者が、高額配当を手にし続けることはありません。

それが可能であれば、毎月のように私のもとに「競馬情報会社に騙されました」というご相談は来ませんし、長年レースに賭けている多くの方が十分な収入を手にしているはずです。

特徴3.過剰な頻度で勧誘メールがくる

悪徳な競馬情報会社ほど、LINEやメール、電話を使い、過剰な頻度で連絡をしてきます。1日に何回もメッセージが届き、サイトによっては電話が来るケースもあるほどです。

連絡内容の一例はこちらです。

  • 実績:高額配当がでました、ころがしが成功しました
  • 告知:ここだけでしか言えない特別情報がある
  • 煽り:大チャンス、期待できる、募集締め切り◯◯まで など

過剰な頻度で「勧誘メール」「煽りメール」が来る恐さは、負けが重なった時に強くなります。

正常な判断をしにくくなっているため、無意識に興味や期待感が高まってしまい「今度こそ、当たるのではないか?」「次こそ、お金を取り戻したい」と引くに引けない状態になりやすいからです。

司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

一般的な会社なら過剰な頻度で連絡はしません。

お客様との長期的な関係を築くなら、過剰な連絡がマイナスになることを知っているからです。

特徴4.無料を謳って登録させ、頻繁に有料プランを勧める

無料を謳って「無料登録」してもらった上で、専用サイトやメールやLINEで届くメッセージで、頻繁に有料プランを勧めてきます。

有料プランの推奨は、ビジネス上どの企業も行ってはいますが、「悪質な競馬情報会社」の場合は下記傾向があります。

  • サイト全体で、あらゆるレースに対する「有料情報の購入」を促す
  • 有料の競馬情報を購入すれば「必ず利益が出る」と誤認させる
  • より高額な有料プランを使えば「より確実に、より大きな収益が出る」と思わせる
  • 有料プランを使わないのはもったいないと思わせる など

特徴5.ころがしを推奨している

ころがしを推奨する競馬情報会社も怪しんだほうがいいでしょう。

ころがしとは、競馬や競艇、競輪に共通した投票券の買い方です。ここではJRA(日本中央競馬会)のサイトから「ころがしの定義」をご紹介します。

勝馬投票券の買い方の一種で、あるレースの払戻金全額をその次のレースに充て、その払戻金額全額をまたその次のレースに充てるような購入方法。複勝など的中確率が高いと思われる投票法に使われることが多い。

引用:JRA(日本中央競馬会):ころがし(競馬用語辞典) JRA

ころがしは、軍資金が少なくても大金を稼げる可能性がありますが、勝ち続けることが前提になっています。負けた時点で、それまでの払戻金(競馬で勝ったお金)を全額失います。そのため、リスクが高い手法として知られています。

それでも競馬情報会社がころがしを推奨する理由は、有料の「ころがし情報」を購入する方がいるからだと言えます。煽られてその気にならないように注意したいところです。

特徴6.全額返金保証を謳っている

全額返金保証を謳っている競馬情報会社も要注意です。私が知る限りでは、全額返金保証で返ってくるのは、お金ではなく購入したポイントだからです。

つまり、以下のような理由から「全額返金保証を謳いながらも、実態は全額返金保証になっていない」とわかります。

  • お金は返ってこない
  • 競馬情報会社を信用できないので、ポイントの使い道がない
  • 販売事業者には金銭的な痛手がない
  • 一般的な会社ならお金で返金する など

一般的には「全額返金保証するなら自信がある」と考えます。

しかし、ポイントによる返金となると話は違いますので気をつけましょう。

特徴7.会社概要を記載していない

驚くことに、多くの競馬情報会社の運営する競馬予想サイトには「会社概要」が記載されていません。通常の企業であれば、未記載ということはありえません。会社概要(あるいは運営者情報)というページが用意されていない時点で、悪質な競馬情報会社だと疑ってよいでしょう。

法律でサイトへの記載が決められている「特定商取引法に基づく表記」というページでは、「サイト運営者」と「販売責任者」を記載していますが、会社名を記載していないケースがほとんどです。

司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

「会社概要が未記載のサイトは危うい」とお話しましたが、「記載されているから安全」というわけではありません。その点は注意しましょう。

補足:その他の特徴

その他の例として、以下に該当するケースも要注意です。

  • 会社やサービスの口コミが悪い
  • メールに「配信解除」の方法が記載されていない

ご紹介してきた7つの特徴とその他の特徴に心当たりがあれば、すぐに競馬予想サイトの利用を辞めて、返金対応について「競馬情報会社からの返金対応」を専門にしている「司法書士」や「弁護士」に相談しましょう。

競馬情報会社(競馬予想詐欺)に騙された時の相談先3つ

競馬情報会社(競馬予想詐欺)に騙された時の相談先
競馬情報会社に騙された時の相談先

悪質な競馬情報会社に騙された時の相談先として、一般的に上げられている「司法書士や弁護士」「消費生活センター」「警察」についてご紹介します。

相談先概要
司法書士・弁護士悪質な競馬情報会社からの返金対応をしている司法書士や弁護士は、騙された時の相談先として、もっとも力強い存在です。

詐欺である決定的な証拠がないので、自力での返金交渉は難易度が高く、消費生活センターも身動きが取れないからです。


ここで言う司法書士や弁護士は、下記3種類中の1番になります。

1.悪質な競馬情報会社からの返金を専門分野にしていて、解決実績がある
2.詐欺解決を専門にしているけれど、悪質な競馬情報会社に関しては専門外
3.詐欺解決は専門外


もしも被害にあった場合は、上記1番の専門家にお願いすることが大事です。証拠がない状態での和解交渉(返金交渉)に長けているからです。
消費生活センター商品やサ−ビスの契約に伴うトラブル等の相談に、担当の相談員が応えてくれる機関です。詐欺被害に関して、さまざまな相談に乗ってくれます。

ただし、詐欺である証拠がない場合は、身動きが取れないと言えるでしょう。
警察民事不介入で解決のために動いては貰えないのが現実です。

ただし、「競馬情報会社への被害届を出して、相談すれば安心できる」ということであれば、相談しに行くのは一つの手です。

以下より詳しくご紹介していきます。

司法書士・弁護士

悪質な競馬情報会社からの返金対応をしている司法書士や弁護士は、騙された時の相談先として、もっとも力強い存在です。

なぜなら司法書士や弁護士は下記3種類にわけられます。その中で、詐欺である証拠がない「競馬情報会社からの返金対応」に対しては、1番の専門家が良いでしょう。

  1. 悪質な競馬情報会社からの返金を専門分野にしていて、解決実績がある
  2. 詐欺解決を専門にしているけれど、悪質な競馬情報会社に関しては専門外
  3. 詐欺解決は専門外

なぜなら、決定的な証拠がない競馬情報会社に対する和解交渉(返金交渉)に長けているからです。

つまり、どんな専門家に相談するかで返金成功の確率が大きく変わると言えるでしょう。

司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

当事務所「司法書士ライトストーン法務事務所」は、悪質な競馬情報会社からの返金対応を専門にしています。もしもお困りのことがあれば「無料相談」も行っていますのでお気軽にご連絡ください。

● 無料相談はこちらから → 悪質な競馬情報会社にお悩みの方向け「無料相談」について

消費生活センター

消費生活センターも競馬情報会社に関する相談をできます。商品やサ−ビスの契約に伴うトラブル等の相談に、担当の相談員が応えてくれる機関だからです。

具体的な特徴はこちらです。

「返金対応に関する相談をでき、必要な情報共有をしてくれる」

ただし、詐欺である決定的な証拠がないことに加え、サイトやメール、LINEなどで「結果を保証するものではない」と記載しているため、身動きを取りにくいと言えるでしょう。

出典・参照元:全国の消費生活センター等

警察

警察に「競馬情報会社にお金を騙し取られた」と被害届を出すことで、気持ちが楽になったり、安心できるのであれば、相談しに行くのは一つの手です。

ただし、警察に相談すれば解決すると思われがちですが、「民事不介入で、必ずしも解決のために動いてくれるわけではない」のが現実です。

相談しても下記返答になる可能性が高いと言えます。

  • 民事不介入なので警察は関知できません
  • 契約上のトラブルだから
  • お金の問題だから
司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

消費生活センターや警察に「相談しても解決できなかった」という方は、諦める必要はありません。お金を取り戻せる可能性はあるからです。

当事務所「司法書士ライトストーン法務事務所」は、悪質な競馬情報会社からの返金対応を含めて、詐欺解決を専門にしています。まずはお気軽にご相談ください。

● 無料相談はこちらから → 悪質な競馬情報会社にお悩みの方向け「無料相談」について

悪質な競馬情報会社からの返金対応に強い「司法書士」や「弁護士」を選ぶ7つのポイント

悪質な競馬情報会社からの返金対応に強い「司法書士」や「弁護士」を選ぶ7つのポイント
競馬情報会社からの返金対応に強い「司法書士」や「弁護士」を選ぶ7つのポイント

悪質な競馬情報会社からの返金対応に強い「司法書士」や「弁護士」を選ぶ7つのポイントをご紹介します。

7つのポイントはこちらです。

  1. 詐欺解決を専門にしていて「返金実績」が豊富
  2. 悪質な競馬情報会社からの返金対応を専門にしている
  3. 相談料が無料 ※無理に依頼しなくても大丈夫
  4. 着手金が無料 
  5. 初期費用が無料
  6. 返金されなかった場合「依頼者の費用負担」はゼロ
  7. 完全成功報酬 ※依頼する側の金銭的なリスクはゼロ

いくつか大切なことを補足します。

補足1.競馬情報会社からの返金対応を専門にしている事務所を探す

競馬情報会社の返金対応を専門にしている司法書士や弁護士に協力してもらうのがベストです。なぜなら騙しの手口を熟知しているため、和解交渉(返金交渉)の成功率が高いと言えるからです。

司法書士 石田智嗣
詐欺専門
司法書士
石田 智嗣

詐欺解決を専門にしている司法書士や弁護士でも、競馬情報会社からの返金対応を専門にしていない場合、返金の成功率は大きく下がってしまいます。

そのため、依頼を受けないという事務所も少なくありません。

以上を踏まえて、競馬情報会社からの返金対応を専門にして、実績のある事務所に相談をしたいところです。

補足2.「無料相談できる専門家(事務所)」を探す

ご相談内容は様々ですが、多くの方に共通しているのは「高額のお金を支払ったので取り戻したい」「自分が騙されているかを確認したい」ということです。

以上を踏まえると、「できればお金をかけずにプロへ相談したい」というのが本音だと思います。最近は無料相談できる専門家(事務所)も増えましたので、お金をかけずに「無料相談」するのが良いでしょう。

補足3.「着手金や初期費用が無料の事務所」を探す

「着手金」や「初期費用」が無料の事務所を選んだほうがいい理由は、依頼する側のリスクをなくすためです。なぜなら専門家に相談したからと言って、騙されたお金が必ず返ってくるとは言い切れないからです。

そのため、被害者本人に金銭的なリスクがないように「着手金」や「初期費用」を無料にして、完全成功報酬で対応してくれる専門家も存在します。

もしも返金されなかった場合は、被害者本人の金銭的な負担はありませんので、おすすめです。

競馬情報会社(競馬予想詐欺)に騙された後の「返金事例」3選

競馬情報会社(競馬予想詐欺)に騙された後の「返金事例」3選
競馬情報会社に騙された後の「返金事例」

ここからは競馬情報会社による競馬予想詐欺の返金事例として、当事務所「司法書士ライトストーン法務事務所」でお手伝いをした返金成功事例をご紹介します。

返金事例:20代・男性「被害・請求額60万円 ▶ 回収額45万円(約75%回収)」

副業を探している時に、インスタでお金を稼いでいる男性のアカウントをフォローしました。稼ぐための情報が欲しくて、興味を持ってしまったんですね。

インスタのフォロー後、間もなくDMをいただいたのですが、メッセージを繰り返すうちに「競馬初心者の自分でも稼げるかもしれない」と思ってしまったんです。

そこで男性から紹介された競馬予想サイトに登録して、最初は無料情報でレースに参加していました。ですが思わず有料情報を購入してしまい、そこからは止まれなくなってしまいました。

でもレースには勝てないし、貯金が減っていくので、怪しいと思って調べたところ詐欺だとわかったんです。返金してもらえた今、石田先生には本当に感謝です。ありがとうございます。

返金事例:20代・女性「被害・請求額59万円 ▶ 回収額36万円(約61%回収)」

副収入が欲しくて、副業サイトや稼いでいる方のSNSをフォローして調べていました。そんな時に、こういう女性になりたいと思えるような人をインスタで見つけたんです。稼いでいて、考え方も学ぶことが多くて「上手くいく人ってこんな感じなんだ」と尊敬したりして。

それでアカウントをフォローして、いろいろな投稿にいいねをしているうちにDMが来て、嬉しくて舞い上がりました。その後、話を聞くと「競馬で稼いでいる」と教えてくれて興味を持ちました。

「競馬はギャンブルではない」「情報があれば稼げる」という言葉を信じて、未来に投資したつもりで有料情報を購入したのですが、ぜんぜん稼げなくて、元気もなくなり困っていました。

私の様子を心配した友人に話をしたところ、騙されていることに気づかせてくれて、石田先生に対応をお願いをしました。今は返金されたこと、悩みの原因がなくなったことに安心しています。

返金事例:30代・男性「被害・請求額110万円 ▶ 回収額40万円(約36%回収)」

副業を探している時に競馬予想サイトのことを知りました。競馬情報サイトに無料登録したのは、競馬に興味があったこと、副業で収入を増やしたいと思っていたことがあります。

ずっと競馬予想サイトを見ていると「自分でも稼げるのではないか」と思えてきて、どんどん賭けてしまいました。

負ければ負けるほど、取り返そうという気持ちが強くなって、気づいたら100万以上も使っていることに気づいてショックで。馬券代を入れるともっとです。

さすがに怪しいと思って調べていくと騙されているとわかって。泣き寝入りはしたくなかったので、お金を取り戻せて良かったです。

悪質な競馬情報会社お悩みの方向け「無料相談」について

詐欺専門の司法書士 石田 智嗣
詐欺専門の司法書士 石田 智嗣

当事務所「司法書士ライトストーン法務事務所」は、悪質な競馬情報会社からの返金対応を専門にしています。

もしも「お金を取り戻したい」「騙されているかもしれない」とお悩みであれば無料相談をしてみませんか?

なぜなら、悪質な競馬情報会社に騙されたとしても、適切に対応をすれば返金される可能性があるからです。ただし自力での対応は難しく、返金成功の確率が低いのも事実です。

そのため下記に該当する方は、一日でも早く専門家に相談したいところです。

  • 被害にあったのでお金を取り戻したい方
  • 騙されていないかを確認したい方

しかし、司法書士・弁護士に頼むと「相談だけでお金がかかる」「敷居が高い」と思って、諦めてしまうケースも少なくありません。

当事務所は、悪質な競馬情報会社に対する返金対応をはじめ、詐欺被害の解決を専門にしています。「相談料無料」「着手金と初期費用は無料」で対応しており、過去の返金実績は1,000件以上ございます。

詐欺被害を一件でも多く解決できるよう日々努力しておりますので、以下よりお気軽にお問い合わせください。

LINEでのご相談はこちらから

詐欺の相談・LINE

メールでのご相談はこちらから

詐欺の相談・メール

電話でのご相談はこちらから

下記までお電話ください(スマホの方はタップで通話できます)

03-6231-3236

※営業時間は平日 9:00〜19:00(土日祝除く)です。
※尚、LINEやメールでは365日24時間受け付けています。お急ぎの方はそちらからご連絡ください。
 

競馬情報会社(競馬予想詐欺)に関する「よくあるご質問」


Q.嘘のない「本当の競馬情報会社(競馬予想サイト)」はありますか?

数多くのご相談に乗り、和解交渉(返金交渉)をしてきた経験からお伝えすると、嘘のない本当の競馬情報会社は、ほぼないと言えるでしょう。残念ながら多くの競馬情報会社は「悪質な詐欺」である可能性が高いからです。

その理由は下記でご紹介したとおりです。

→ 多くの競馬情報会社は「悪質な詐欺」である可能性が高い

以上のことから、優良なサイトがあるとしても「本物はごく稀である」と考えてよいでしょう。

Q.競馬情報会社に騙されたらどうしたらいいですか?

すでに競馬情報会社に騙されたことがわかっている場合は、泣き寝入りせずにお金を取り戻すためのアクションを起こしましょう。

決定的な証拠がなくて、詐欺である立証ができないため、被害者本人と専門家の役割分担で進めるのがベストです。

被害者本人は、競馬情報会社から送られてきたメール、LINEや競馬予想サイト内のキャプチャなどを残します。専門家は返金に必要な準備をしながら、先方と和解交渉(返金交渉)に入る形です。

なお、専門家選びにおいては下記でご紹介しているように、「競馬情報会社からの返金対応」を専門にしている事務所にお願いしましょう。

→ 悪質な競馬情報会社からの返金対応に強い「司法書士」や「弁護士」を選ぶ7つのポイント